HIV・AIDS(エイズ)のスペシャリストカンパニー

HIV/HIV感染症とエイズ(AIDS)

HIV感染 = エイズ(AIDS)ではありません。

Human Immunodef iciency Virus/ヒト 免疫不全 ウイルス

HIVとは、英語の「Human Immunodeficiency Virus」の頭文字をとったもので、ヒト免疫不全ウイルスのことです。HIVに感染した状態をHIV感染症といいます。
HIVに感染すると、感染症から体を守る働きの中心的な役割を果たしているヘルパーTリンパ球(CD4陽性細胞)が壊され、免疫力が低下します。
ただし、HIVに感染してもすぐにエイズ(AIDS)を発症するわけではなく、多くの人が感染後の数年間は症状があらわれることがありません。そのため、早期にHIV感染の有無を確認し、HIV検査を受けることが必要です。

Acquired ImmunoDef iciency Syndrome/後天性 免疫不全 症候群

AIDSとは、英語の「Acquired ImmunoDeficiency Syndrome」の頭文字をとったもので、後天性免疫不全症候群のことです。HIV感染により免疫力が低下し、エイズ発症の目安とされる23種類の病気(AIDS指標疾患)を発症した場合、エイズ(AIDS)と診断されます。

HIVはどうやって感染するの?

HIVは、感染者の血液や精液、膣分泌液に多く含まれ、感染する経路には性行為による感染、血液を介する感染、母子感染の3つがあります。日本国内では性行為による感染が最も多いため、HIV感染の予防手段として「コンドームの正しい使用」が最も有用です。

HIV感染からエイズ発症まで

HIV感染からエイズ発症まで

AIDS指標疾患

AIDS指標疾患

1)a:全身に播種したもの、b:肺、頸部、肺門リンパ節以外の部位に起こったもの
2)13歳未満で、ヘモフィルス、連鎖球菌等の化膿性細菌により以下のいずれかが2年以内に、2つ以上多発あるいは繰り返して起こったもの
a:敗血症、b:肺炎、c:髄膜炎、d:骨関節炎、e:中耳・皮膚粘膜以外の部位や深在臓器の膿瘍
3)C11活動性結核のうち肺結核、及びE19浸潤性子宮頸癌については、HIVによる免疫不全を示唆する症状または所見がみられる場合に限る
4)a:1カ月以上持続する粘膜、皮膚の潰瘍を呈するもの
b:生後1カ月以後で気管支炎、肺炎、食道炎を併発するもの

平成27年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業(エイズ対策政策研究事業) HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班:抗HIV治療ガイドライン 2016年7月改訂版:7, 2016

HIV検査のこと>>