ヴィーブヘルスケア株式会社 代表取締役社長 入山 博久 近影

私たちヴィーブヘルスケアは、HIV領域のパイオニアである英国グラクソ・スミスクライン社と米国ファイザー社が新たに設立した、HIV関連医薬品に特化した合弁会社です。2012年12月には、その後、日本の塩野義製薬株式会社が資本参加しています。

近年、抗HIV薬は大きな進歩を遂げ、適切な治療を受けていればエイズを発症することなく、感染者は非感染者とほぼ同等の寿命を全うできるようになりつつあります。日本においても、長期間の治療を受ける患者様が増加する中で、薬剤耐性ウイルスの出現や服薬アドヒアランスの問題など今までにない治療薬へのニーズが高まっています。

私たちは世界の抗HIV薬の研究・開発をリードしてきたGlobal企業2社から生まれ、その後日本の塩野義製薬が資本参加したスペシャリスト・カンパニーです。この資産を継承し、HIV/AIDS領域に特化する企業としての強みを生かし、疾患のみならず社会的な様々な問題を抱えている患者様に積極的にコミットし、そこにある問題と向き合い、解決に向けて全力でサポートしてまいります。

今後とも、皆さまのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

入山 博久