GlaxoSmithKline Orange united

チーム紹介

Captain Comment


Captain Saito
歴史の長いホッケー部ですが、近年では自分達が納得いかないのはもちろん、応援してくださったりお世話になっている方々に対しても感謝の気持ちを返せるような結果が残せていないのが現状です。そこで、これまでOrangeUnitedをしっかり受け止め反省し、日頃から一人ひとりプロ意識を高め、強く、沢山の人に愛されるチーム作りを目指します!「チームワーク」と「有言実行」を胸に、自覚と自信を持って、GSKの一員として貢献できるように頑張ります!今年もご声援の程、宜しくお願い致します。
FW 8
山口 稚奈
Wakana Yamaguchi
 
チームについて

GSK女子ホッケー部は実業団では最古の歴史と伝統をもつチームです。1980年の栃木国体を契機に今市市(現・日光市)の要請を受けて1976年に創部しました。
栃木県ホッケー協会をはじめ、地域からも地元ホッケーの頂点であると期待されており、その信頼に応えるためにも日々練習を重ねています。
選手たちは仕事とホッケーを両立しており、勤務終了後と週末に練習を行っています。「フェアなスポーツ精神を仕事にもホッケーでも発揮する」がGSKホッケー部のチームミッションです。

チームの特徴

攻撃面では創造性と意外性をプレーに生かし、守備面ではセイフティー・ファーストを徹底させます。
GSKらしいフェアなゲームを通じて多くの人にホッケーの魅力を伝えていくこととホッケーが出来る喜びと感謝の気持ちを大切に一戦一戦勝利にこだわって戦っています。

チームスローガン

『一途一心』
ひたすらに、ひたむきに、一つの事に命を懸けること

活動方針キーワード

『Team Work』『有言実行』
『Team Work』とはチームの共通の目標達成に向けて、「チームスタッフ、選手全員が協力し、助け合い、励ましあいながら行動する」ことを表す。トレーニングや試合はもちろん、私生活においてもチームを優先させ、個人のエゴや利益を優先させることを一切許さない。
『有言実行』言われたこと、言ったことを実行する。

ユニフォームカラー
1st
フィールドプレーヤー
シャツ/オレンジ スコート/オレンジ ストッキング/オレンジ
ゴールキーパー
シャツ/ネイビー
2nd
フィールドプレーヤー
シャツ/ライトブルー スコート/ライトブルー ストッキング/ライトブルー
ゴールキーパー
シャツ/イエロー

オリンピック代表選手

女子ホッケー日本代表が初めてオリンピックに参加した2004年のアテネ大会以降3大会連続でオリンピック代表選手が選出されています。

■2004年アテネ大会:
1人
■2008年北京大会:
2人
■2012年ロンドン大会:
3人(うち1人はサブメンバーとしてチームに帯同)
■2016年リオ大会:
2人(うち1人はサブメンバーとしてチームに帯同)
2012年 ロンドンオリンピック代表

2012年 ロンドンオリンピック代表

主な戦績

高円宮牌ホッケー日本リーグ
準優勝
2005年
第3位
2004年、2006年、2009年
第4位
2003年、2007年、2013年
第5位
2011年、2012年
全日本ホッケー選手権大会
準優勝
1982年、1983年、2003年
第3位
2013年
全日本社会人ホッケー選手権大会
優勝
1982年、1995年、2003年
準優勝
1986年、1987年、1988年、1989年、1994年、2007年
第3位
2011年、2013年
第4位
2012年
全日本実業団ホッケー選手権大会
優勝
1978年、1979年、1980年、1985年、1990年
準優勝
1984年、1987年、1989年、1997年
2011年の戦績
  • 高円宮牌ホッケー日本リーグ 第5位
  • 全日本社会人ホッケー選手権大会 第3位
2012年の戦績
  • 高円宮牌ホッケー日本リーグ 第5位
  • 全日本社会人ホッケー選手権大会 第4位
2013年の戦績
  • 高円宮牌ホッケー日本リーグ 第4位
  • 全日本社会人ホッケー選手権大会 第3位
  • 全日本女子ホッケー選手権大会 第3位
ページTOPへ